車検を安くするノウハウ!安くする方法はある!

複数の業者から見積もりを取る

車検を安くしようとするなら、業者間の見積もりの違いを見つけることが大事です。ディーラーはほとんど正規の値段だと思って間違いないです。車検専門店はそれよりは安くなっているでしょう。ガソリンスタンドや整備工場なども車検をしてくれます。それぞれの業者によって見積もりの出し方は違いますが、実は車検で必ずかかるものは自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料だけです。それ以外は業者の利益になります。見積もりで書かれている項目をしっかりチェックすると、その業者がどの程度儲けようとしているかが分かります。それぞれの見積もりを比べて、一番安い所を探すと安く車検を受けられるでしょう。部品の交換が必要な場合は業者に依頼するといいかもしれませんが、そのまま車検を通すことができるのであれば、他の方法もあります。

ユーザー車検が一番安く車検を取れる

車検は自分で車を持ち込み、車検を受けることができるのです。これをユーザー車検というのですが、書類さえそろっていれば問題なく通すことができます。心配な人は整備工場で予備車検を受けることもできますので、これに合格してから車検を受けるといいでしょう。ユーザー車検の場合は自分で車を持ち込まなければなりませんが、最低限かかる費用だけで車検を通すことができます。整備をしてみて問題なければ、ユーザー車検で通る可能性は高いです。車検代がもったいないという人は、ユーザー車検という方法があるということを知っておくと役に立つでしょう。

車検が切れた自動車は公道を走ることを法律で禁止されています。運転を行う際は市町村の窓口で専用の仮ナンバーを発行してもらう必要がありますが、手続きには費用が掛かるので注意します。