オーボエに興味がある方必見!オーボエの特徴や賢い選び方などを紹介

オーボエは少しの息で音を出す事が可能な楽器です!

オーボエは「グラナディラ」と呼ばれる黒色系の木で作られており、ダブル・リードという特徴を持っている楽器です。2つのリードをオーボエの先端部分にある穴に取り付け、そこから吹いて振動させる事によって音が出る仕組みとなっています。オーボエは上管、下管、ベルの3つから形成されており、全体の長さは70cmほどとなっています。またオーボエはストローのような細いダブル・リードなので、少しの息で音を出せる特徴も持っています。そのため、長いフレーズなど多くの息を要する演奏する際にはとても有利です。さらにオーボエはダブル・リードによって音色が変わってくるので、演奏する人は練習よりもリードを調整している時間の方が長いとも言われています。

修理をしてくれる専門店で買い替えるのが良い!

オーボエを購入する際、それが自分に合っているのかなどは重要なポイントとなってきます。そのため、最初から高価なオーボエを購入する事は大きなリスクなので、それは避けた方が賢明と言えるでしょう。初めてオーボエを購入しようとする方はまず初心者用の扱いやすいもので始めて、購入後しばらくはそのオーボエを使い続けるよう頑張ってみましょう。その結果、もっと続けられると言うのであれば、ワンランク上のオーボエに買い替えていけば良いでしょう。一方、オーボエを買い替えたいという方は、信頼性の高いお店を選ぶのが重要です。できればオーボエの修理ができるスタッフがいるダブルリードの専門店で買い替えるのが最も無難と言えるでしょう。

古代の葦笛がルーツと言われるオーボエは、演奏が難しい楽器として有名です。静かに響く哀愁漂う音色が特徴です。